読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新婚野郎のカムバック禁欲録

新婚のアラサー男が、かつて取り組んでいたオナ禁に『再挑戦』しながら、収入アップに取り組んでいくブログです。

最近の飲み会戦績

日常

(約800字)

 

最近の飲み会は、結構楽しめています。

一次会は「楽しむことも仕事」だと割り切って、無理にでも楽しみ、

その代わり、二次会には行かない。

このやり方が自分には合っているようです。

 

cbstoic.hatenablog.com

 

↑の記事を書いた時は、

  • 「会社の飲み会に参加しても、どうでもいい話題ばかりが話される」
  • 「どうでもいい話題には興味を持てない」
  • 「だから、飲み会は苦痛だ」

と感じていましたが、その後、少し変化がありました。

 

続きを読む

無意識に発揮される意志力、その鍛え方

日常 読書 オナ禁Tips

 (約1,500字)

 

昨日は「本禁」をリセットするところでしたが、なんとか乗り切れました。

 

昨日の出来事の経緯と分析・所感など

1.経緯

昨日のコンディション

嫁の仕事終わりの時間と、僕の飲み会終わりの時間が近かったので、待ち合わせて一緒に帰ることにしました。

僕の方が少し終了時刻が早く、時間調整のために本屋に入りました。

しかし、これはまずい選択だったのです。

  • 飲み会後で酔っていた→意志力が低下
  • 夜遅かった→昼より意志が弱まる
  • 現金を持っていた→すぐ買えてしまう

という状況。今までは、このパターンで本屋に入ったとき、必ず何冊か本を買っていました。

 

危なかったが無意識で乗り切った

実際、昨日も「いいや、買っちゃおう……」と半ば投げやりな気持ちで本を手に取り、レジに向かいかけました。

しかし、体が勝手に本を棚に返しました。

それは自分でも不思議な感覚で、本を返した後で「あれ?買わずに済んだな……」と気付くくらいでした。

衝動買いを我慢することが習慣化してきた、ということなのでしょうか。

今回は、単なるラッキーだったのかもしれませんが、それでも、自分としては進歩を感じられる出来事でした。

 

2.分析

やはり基本はオナ禁

オナ禁をしていると意志力全般が向上するので、他の習慣にもいい影響を与えやすい、というのはよく言われることであります。

僕も「まあそうだろうなぁ」と思っていましたが、今回の件で確信を深めることができました。

「性欲」という強烈な衝動を日々コントロールすることで、脳が「欲望制御モード」に入るのかもしれません。

やはり、オナ禁は禁欲の王道ですね。

 

瞑想の効果も感じる

ちょこちょこ触れていますが、実は、ブログに先立って「瞑想」を始めていました。

数年前から、たまに取り組んではやめる、ということを繰り返していましたが、今はそれなりに習慣化できています。

ケリー・マクゴニガル『スタンフォードの自分を変える教室』によれば、瞑想を行うことで脳の細胞自体が変化し、意志力が強まるのだそうです。

瞑想を定期的に行えば、たんに瞑想がうまくなるだけではありません。やがて、脳はすぐれた意志力マシーンのように発達します。定期的に瞑想を行う人の場合、前頭前皮質や自己認識のために役立つ領域の灰白質が増加するのです。

引用元:ケリー・マクゴニガル『スタンフォードの自分を変える教室』(文庫版)54ページ

今回の件で、瞑想の効果も本格的に実感できてきました。

 

3.所感など

成功から学び、書き残す

失敗を分析し、反省することも大切ですが、

うまくいったときのことを何度も思い出し、脳に刻み込んでいくことも効果があるのではないか……と僕は思っています。

ですから、今後、また本を衝動買いしたくなったとき、「3月21日は耐えた!」と思い出すために、この記事を書き綴っておきます。

 

ちなみに

買おうとしたのはこの本でした。

人生の短さについて 他2篇 (古典新訳文庫)

人生の短さについて 他2篇 (古典新訳文庫)

 

 このブログではおなじみのセネカ『生の短さについて』の新しい翻訳です。

外国の作品は訳し方によって意味や印象が変わることがあるので、読み比べたい、と思いました。

「読みたい本リスト」には加えたので、いつか買って読みます。

 

 

〜禁欲メモ〜

3/21(火)

日数:70日・52日
本禁:4日

筋トレ

ハンズアップスクワット:左右各12回2セット
タッチトゥトゥズ:14回2セット
ニートゥチェスト:14回2セット

所感:朝に実施。足も引き締まってきたような気がする。

また春が来る

 

薄着の女性が増える季節が……

 

 

~禁欲メモ~

3/19(日)

日数:68日・50日
本禁:2日

筋トレ

ハンズアップスクワット:左右各12回2セット
タッチトゥトゥズ:14回2セット
ニートゥチェスト:14回2セット

所感:朝に実施。負荷に慣れてきた。

 

3/20(月)

日数:69日・51日
本禁:3日

筋トレ

フライングドッグ:14回2セット
アブアイソメトリック:50秒2セット
ヒップリフト:14回2セット

所感:昼に実施。フライングドッグは目を閉じてやるとバランスを取るのが難しくなってきつい。

結婚後も瞑想を続けるため交際前に踏んでおくべきステップ

新婚Tips

(約5,000字)

 

タイガーさんの記事を読んで「この部分についてはぜひ自分の意見を言いたい!」と思う箇所がありました。

まだ、瞑想に対してオカルト的なイメージがあるので「この人大丈夫?」とか本気で思われたら凹みますね。瞑想は僕のルーティンなので(^^;)

【9日目】 理想の女性像 - 禁欲カレンダー

 

ところが、実際にコメントを書いてみたら結構長くなりまして、

それならばコメント欄ではなく、いっそ自分のブログで本格的にまとめてみよう!と思い、この記事を書きました。

 

 

はじめに

瞑想は優れた習慣です。この点について、今ここで新たに何かを付け加える必要はないでしょう。

しかしながら、瞑想は、いまだに万人にとって受け入れられるものではなさそうです。

続きを読む

プログラミング入門中

読書

 

先日買ったプログラミングの本に取り組んでいます。

 

何もかもが初めてなので、戸惑いながら学んでいます。

時間を置くと「積んで」しまいそうなので、この休暇中に一周終わらせます!

 

〜禁欲メモ〜

3/16(木)

日数:65日・47日
本禁:1日

筋トレ

ハンズアップスクワット:左右各12回2セット
タッチトゥトゥズ:14回2セット
ニートゥチェスト:14回2セット

所感:朝に実施。ゆっくりやるのはきついが、少しずつ体を慣らしていこう。

 

3/17(金)

日数:66日・48日
本禁:0日(仕事の本を購入)
コメント:来年度からの仕事で必要になる本を買いました。

筋トレ

腕立て伏せ:10回3セット

所管:筋トレできなかったため、せめてこれくらいは!と寝る前に実施。こういう日もある。

 

3/18(土)

日数:67日・49日
本禁:1日

筋トレ

フライングドッグ:14回2セット
アブアイソメトリック:50秒2セット
ヒップリフト:14回2セット

所感:昼に実施。このメニューはベッドでやっているので、嫁が寝ているときはできない。

久しぶりに本を買った

読書

(約2,000字)

 

「本禁」をリセットしました。しかも「連続リセット」です。

やっぱり本を買うのは楽しい。「本を買うこと」それ自体が、ストレス解消にもなっていたことを体感できました。

また、オナ禁と同様、一度リセットを経験すると、歯止めが利きにくくなることも発見しました。

とは言え、「本を買うのを我慢する」という心理操作は少し身についてきているようです。

「本を買いたい!」という欲望をコントロールできるようになるまで、今後も「本禁」は継続していきます。

 

「本禁」を始めた経緯・破った経緯

始めたのは節約のため

僕は禁欲の一環として「本を買う量を減らす」ということに取り組んでいます。本を買いすぎて、家計を圧迫していたからです。

 

経緯はこちらも参照

僕が禁欲すべきはむしろ「暴走した知識欲」 - 新婚野郎のカムバック禁欲録

 
独身時代の悪癖を正す

結婚してから自由に使えるお金が減り、貯金も始めました。

恥ずかしながら、僕は独身時代、貯金をする習慣がありませんでした。余ったお金は本か酒に費やしてきました。

これを矯正する意味もあって、「本禁」に取り組んでいたのです。

 

「本禁」を連続で破るまで

3月14日と15日に、1冊ずつ本を買いました。

 
最初のリセット

14日に買ったのは、必要に駆られて買った本でした。こちらは問題ありません。許容できるリセットです。

 

何を買ったか

Macの解説本を買いました。 

たった1日で即戦力になるMacの教科書

たった1日で即戦力になるMacの教科書

 
 
Macには説明書がない

先日、新しくMacのPCを買いまして、ところが、初めてのMacなので未知の機能が多い。しかも、Apple製品の宿命として、説明書がついていない。

僕は、説明書を見ながらいろいろ試して操作を覚えていくことが多いので、どうしても解説本が必要でした。

 
今買わなければいけない本だった

この本を、たとえば来月買ったとしたら。

ちょっと厳しいことになりそうです。

なぜかというと、今、結婚式用の動画を作ろうとしているからです。そのためには、ある程度、Macの操作に習熟する必要があります。

ネットで逐一調べながら、という手もありましたが、効率が悪い。3月は多忙な時期ですので、省ける時間は省きたいと考えました。

 
本を買うことで得られたもの

この本を買ったことによって、「すぐに必要な知識」を身につけられるようになり、また、知識を習得するためにかかる「時間を節約」することができるようになりました。

以上のことから、買う必然性があった、と言えるでしょう。

 

2回目のリセット

15日に買ったのは、役には立つがただちに必要ではない本でした。

このような本の買い方は「投資」ですから、本来は望ましい。

しかし、予算は限られていますから、「投資」の名の下で際限なく買い込んでいいわけではありません。

それに加えて、読む時間もまた有限です。買って読む本は厳選すべきでしょう。

今回はもう買ってしまったので、フル活用につとめます。

 
何を買ったか

iPhoneのアプリを開発するプログラミングの入門本を買いました。

 
キャリアへの危機感

僕は、今までプログラミングを本格的に学んだ経験はありません。

しかし、最近になって「プログラミングを知っているのといないのでは、今後のキャリアに大きな差がついてくる」という言説が目立つようになってきました。このことに危機感を覚えています。

せめてプログラミングの基本くらいは理解しておきたい。

そこで、試みにiPhoneアプリの制作に取り組んでみることにしました。

 
子供のために

また、小学校でプログラミング教育が始まりつつある、と聞いています。

将来子供からの質問に答えてあげられるよう、自分でも学んでおきたかったのです。

 
だが今買う必要はなかった

確かに、プログラミングについてはいずれ必ず学ぶと決めていました。

しかし、2017年3月に開始する必然性がどこにあったか。
別に2017年4月でも構わなかったのです。1ヶ月だけ学習開始を先伸ばしにしても、人生全体に大きな影響はないでしょう。

それを前倒しにしたのは、単に「せっかくMacを買ったし、何か新しいことをやってみたい!」という欲に駆られてのことでした。

このような好奇心は僕の長所でもありますし、大切にしています。ただ、実行に移すとなると、よく考えてみなければ。

好奇心の赴くままにやたらと手を広げては、何もできずに終わる、なんてこともよく経験しますから。

 

その他のまとめ

「本禁」を始めた後の変化

先月は、毎週のように本を買い込んでは、積ん読を増やしていましたが、

今月は、本屋に入ったとしても「いや、今は買わない」とセーブできるようになりました。

基本的には、以前紹介した「つもり積ん読」を実行し、そのまま帰ることができています。

「つもり積ん読」についてはこちら

「つもり積ん読」はじめませんか - 新婚野郎のカムバック禁欲録

次回への行動指針

必要な本を買った次の日は、「本屋自体に行かない」こととします。

リセット直後はさらなるリセットを重ねやすい、というオナ禁の経験則を活かします。

 

 

〜禁欲メモ〜

3/14

日数:65日・47日
本禁:0日(Macの本を購入)

筋トレ
ハンズアップスクワット:左右各12回2セット
タッチトゥトゥズ:14回2セット
ニートゥチェスト:14回2セット
所感:朝に実施。上げ下げそれぞれ3秒ずつかけてみた。「少しきつい」くらいでちょうどいいかも。

3/15

日数:66日・48日
本禁:0日(プログラミングの本を購入)

筋トレ
フライングドッグ:14回2セット
アブアイソメトリック:50秒2セット
ヒップリフト:14回2セット
所感:朝に実施。こちらも上げ下げ3秒ずつ。

オナ禁効果?苦手な人と話しやすくなった

オナ禁Tips

(約1,000字)

 

職場に、少し苦手だなぁと感じる人がいました。

過去形なのは異動したから……ではなく、今はそれほど苦手と感じていないからです。

これもオナ禁効果なのでしょうか。

ただ、今年に入って、

などにも取り組んでいますので、そちらの効果かもしれません。もしくは、自分が変わったのではなく、相手が変わったのかも。

苦手ではなくなったが、理由はよくわからない、というのが正直なところです。

 

 

オナ禁の効果を本当の意味で測定するのって、めちゃくちゃ難しいと思います。

僕たちは普段、オナ禁以外にも様々な活動をしています。たとえば、オナ禁ジャーがしばしば取り組む「筋トレ」「瞑想」は、それ単体でも人生に大きな変化をもたらす活動として認知されています。

 

オナ禁で体質や行動が変わるといいますが、食事が変わったから体質が変わったのかもしれません。目にする情報が変わったために、考え方や行動が変わったのかも。

 

また、気候や騒音など、外からの影響もあります。あるいは、感知してない無意識のストレスの蓄積で、調子を崩すこともあります。

 

オナ禁してるからいい変化があるはず!」という先入観の影響も無視できません。

普段は意識を向けることがなかった「自分の良いところ」を気にするようになり、それを「発見」しただけかもしれないのです。

 

さらには、「ただ偶然そうなった」という事柄を、オナ禁と結びつけてしまっていることもあるはずです。

 

まとめると以下のとおり。

  • 筋トレや瞑想などの活動
  • 取り入れるものの変化(食事、情報)
  • 外界の変化
  • 無意識のストレス
  • 先入観
  • 偶然

これらの「オナ禁以外の要素」を除外した上で、純粋に「オナ禁の効果」のみを比較することは、ほとんど不可能に近い、と言えるのではないでしょうか。

 

 

しかし、それでもなお、自分が体感する「オナ禁効果」を記録することには意味があると思います。

第1には、単純にモチベーションが上がるから。

第2に、多くの人の体験談が集まれば、そこに一定の法則性が見えてくるからです。

そうした法則の1つがいわゆる「スーパーサイヤ人効果」なのでしょう。

科学的に証明されたわけではなく、客観的に正しいとは認められないとしても、

オナ禁をする人はこのような変化を体感する傾向がある」と言うことはできます。

研究者ではなく、実践者たらんとするなら、それで充分なのではないか。

「多少のリスクや不確実さがあっても、挑戦することを選んだ方が報われやすい」

このことは数字で証明されている法則なのですから。

 

 

 

ブログ更新の習慣を絶やさないために、昼休みを使って書きました。

あとで加筆修正すると思います。