読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新婚野郎のカムバック禁欲録

新婚のアラサー男が、かつて取り組んでいたオナ禁に『再挑戦』しながら、収入アップに取り組んでいくブログです。

突発的な「意志力トレーニング」に取り組んだ

日常 オナ禁Tips 原点思考

(約800字)

 

華金ですね。今日は「プレミアム」ではないのかな。

幸運なことにさくっと仕事を終えられたので、さっさと帰って休みます。

 

日常に潜む「意志力チャレンジ」

昨日、仕事を終えて帰宅する途中、突然「意志力を試されるシチュエーション」に遭遇しました。

 

事の顛末を簡単に述べますと、

  1. 嫁の好きなデザートが売っていたので買った
  2. 持ち帰るまで2時間あった
  3. 僕は腹が減っていた
  4. (食っちまおうかな…)という欲求と闘い続けた

何度か危険を感じながらも、つまみ食いすることなく、デザートを自宅へ持ち帰ることができました。

 

「空腹の状態で、甘いものを食べずに我慢する」というささやかなチャレンジでしたが、

しかし欲は欲。この闘いの勝因を分析し、次回以降に活かしたいと思います。

 

欲求に勝つための工夫

「デザートを食べてしまいたい!」という欲求との闘いにあたり、僕が武器として用いたのは「原点思考」の強みでした。

具体的に何をしたかと言いますと、欲求に負けそうになるたび、「そもそも僕は、どういうつもりでこのデザートを買ったのか?」と自分に問いかけたのです。

僕の場合は、この方法で「我に返る」ことができるようです。

 

また、自宅で食べるつもりだったため「スプーンをもらっていなかった」というのも幸いしたと思います。

こちらは、一種の「状況に対するアプローチ」になっていました。

今回は「偶然」好ましい状況を作れていましたが、次回以降は「狙って」やっていこうと思います。

 

 

しかし、きつかった……。今回の苦行で、少しでも「意志力」を鍛えられていればいいなぁと思います。

 

 

関連記事

 

2ヶ月達成/自分へのエール

 

かつて、僕はモテない気持ち悪い男の1人だった。

モテたい、と思った。

だから、本を買ったり、人に教わったり、モテる男を観察して真似したり、

そうして学んだことを実践しては傷つき、何度も倒れながらも立ち上がり、そのたびに学びを深め、

最後には、ある程度は狙った相手と仲を深められるようになった。

 

その苦労を覚えている。

かけた金と時間が膨大だったことも、途中の姿はあまりに無様で、周りからは笑われていたことも、

その周りの連中は、僕を笑いながらも何もせず、僕が望みを叶えた後で手のひらを返し、羨んできたことも、

すべて、僕は覚えている。

 

 

今度もやれるはずだ。

金を稼ぐ。

幸せのため、とかそういうのもあるけれど。

僕は、努力し、願いを叶えられる人間なのだという、ただその証明のために。

ただ、金を稼ぐために、金を稼ぐ。

無様でも、笑われても進もう。

 

 

〜禁欲メモ(3/8)〜

日数:59日・41日
本禁:22日

筋トレ
ハンズアップスクワット:左右各11回2セット
タッチトゥトゥズ:12回2セット
ニートゥチェスト:12回2セット
所感:朝に実施。上げ下げ5秒ずつではなく、普通のスピードでやった。面倒に思う気持ちが出ていたため。完璧志向ではなく継続を重視する。

 
〜禁欲メモ(3/9)〜

日数:60日・42日
本禁:23日

筋トレ
フライングドッグ:12回2セット
アブアイソメトリック:40秒2セット
ヒップリフト:12回2セット
所感:朝に実施。この日も時間はかけずに取り組んだ。反動を使わず慎重に動かすこと。取り組む前に「あ、これはきついな、ヤダな」と感じる時は、負荷を減らす。妥協してでも継続を優先した方が、長続きしやすいだろうから、長い目で見ればむしろ効果的だと思われる。「短期のムリ」より「長期のラク」を選ぼう。

【メモ】恩師たちの思い出

 

これまで、何人かの「先生」に、様々な技能を教わる機会がありました。

そして、「すごいなぁ、尊敬してしまうなぁ」と感じる先生には、共通する特徴がありました。

  • 基礎的な技術をものすごく大切にする
  • 1つの基礎的な技術を様々に応用させて、いろんなものを作り出す
  • 常に「自分は発展途上だ」と言う
  • 集中しているときの表情、特に目

ほんの少しの「本質的なもの」を体得し、それを応用することで、あらゆる可能性を実現させていく、

僕もそんな「達人への道」を歩めたら、と思います。

 

漠然とした内容でした。単なる覚書です。

 

【テストステロン】気になる本のメモ

読書 テストステロン

 

Twitterを眺めていたら、気になる本を見つけました。

オナ禁ジャーの皆さんは関心を持つかもしれない、と思ったのでシェアします。

科学に佇む一行読書心 on Twitter: "”脳内でテストステロンとバソプレッシンが組み合わさることで、思春期男子は自分の部屋に対する縄張り意識を高めたり、仲間からの侮蔑に敏感になったりする。” http://t.co/BgjFDMZver 『男脳がつくるオトコの行動54の秘密』ローアン・ブリゼンディーン"

脳内の「テストステロン」と「バソプレッシン」(また謎の物質が…)によって、

  • 縄張り意識が高まる
  • 侮蔑に敏感になる

とのこと。周囲と衝突しやすくなりそうですね。ちょっと気がかりな点です。

ただ、買うほどではないかなぁと思うので、本屋で見つけたら立ち読みしてみます。

 

男脳がつくるオトコの行動54の秘密

男脳がつくるオトコの行動54の秘密

 

  

「強み」を活かした知識習得に関するメモなど

勉強法 原点思考 規律性

(約2,000字) 

 

「原点思考」の強みを活かす

ある知識を身に付けようと思ったら、その知識が発見されるに至った歴史的な経緯、つまり、

  • 当時の疑問や問題意識
  • それを解決するために使われた思考過程

をたどった方が「腑に落ちる」感覚を得やすいのではないだろうか?

 

「規律性」の強みを活かす

「秩序立てたい」という性格を活かすため、

  • 復習のアルゴリズムを組み、それに従って毎日少しずつ記憶の定着に取り組む(実行中)
  • 知識の規則性や法則性に注目する。
  • 知識をカテゴリー分けする。

 

カテゴリー分けについて補足

知識の習得過程において「覚えるべきこと」は、2種類に大別できるように思われる。

  1. 客観的な事実、または事実と思われるもの
  2. 便利だからそう決めていること

化学で例えると、

  1. 原子の構造
  2. molの概念

だろうか。

原子は実在する。目には見えないが、様々な実験によって、その構造が明らかになった。こうして発見された知識は「事実」と言える。

他方、molという「量の単位」は、目に見える形で実在するものではない。こいつは、「計算するのに都合がいい」という理由で作られた「思考の道具」だ。

 

化学の科目でmolの概念や計算方法を学ぶのは、調理に先立って「包丁の使い方」を覚えるようなものだ。

実際に食事を作るわけではないから、いささか退屈なトレーニングになる。しかし、包丁を使えなければロクな調理はできない。大いに意味のある過程だ。

同様に、molのような「思考の道具」を学ぶことは、学問をやる上で大切な過程だ。つまらないが、我慢するしかない。

研いだ包丁(=思考の道具)で物事を切り分ければ、より容易に「事実」を見つけ出すことができる。

  

カテゴリーの見極め方

学んでいる知識のどの部分が「事実」で、どの部分が「思考の道具」なのか。この見極めは重要だ。両者を混同すると、わけがわからなくなってしまう。

たとえば、

  • 「水は、無色透明な液体で、H2Oと呼ばれる」

という知識について。

このうち、水の無色透明という性質は「事実」だ。

事実は、人間の都合では変更できない。「水は青いイメージだから、青色ってことにしよう」という操作は、普通はできない。*1

一方で、水をH2Oと呼ぶのは「思考の道具」だ。

世界中で同じ呼び名を使った方が便利だから、水のことをH2Oという化学式(=道具)を使って表現している。別に、ラテン語由来の「H2O」という文字列を使う必然性はないので、同意を得られさえすれば、他の呼び方に決め直すこともできる。*2

 

あの時知っていれば

高校時代、僕はmolでつまづき、化学の試験で赤点を取った。そのことで自分には理系のセンスがないと決めつけ、大学では文系の学部に進んだ。

以後、化学には苦手意識を持ってきた。こんな事情もあいまって、今、化学をやり直している。

あの当時、「事実」と「道具」という知識の分類方法を知っていれば、少しはmolを理解できていたかもしれない。化学で赤点を取らなければ、最初の志望であった理系に進んでいただろうから、また違った未来があったはず……。

ここまでの人生に後悔はないが、時々、ありえた別の人生を夢想したりもする。

 

別の言い方

「事実」「思考の道具」ではなく、

「ファクト」「ツール」

と敢えて横文字で表現した方がわかりやすいかもしれない。そうでもないかな。

 

まとめ

ともかく、新しい知識と出会ったら、まずは「事実か、道具か?」という見極めを行うようにしよう。たぶん、僕にとっては便利なカテゴリー分けだ。

 

関連記事

ストレングスファインダーをやってみた(けど、特定がこわい) - 新婚野郎のカムバック禁欲録

食事や健康について考えるなら「化学」と「生物」は必修だと思う - 新婚野郎のカムバック禁欲録

 

〜禁欲メモ(3/7)〜

日数:58日・40日
本禁:21日

筋トレ
フライングドッグ:12回2セット
アブアイソメトリック:40秒2セット
ヒップリフト:12回2セット
所感:朝に実施。簡単な動きだからこそベストを尽くせ。

*1:ただし、研究の進展によって新しい「事実」が発見され、古い「事実」が上書きされることはある。天動説から地動説への転換が代表例。

*2:より厳密には、水を「水」と呼ぶことも、無色を「無色」と表現することも、事実ではなく道具だ。もっとも、これらは「便利だから決めた」というより、「偶然決まった」のだろう。

忙しかった日の翌日は意識的に活動量を減らす

ストレスコントロール 習慣化 筋トレ

(約1,000字)

 

おはようございます。

おととい(3/5日曜日)は、家庭行事のため1日中バタバタしていました。結婚前後の1年間はいろいろイベントが立て込んで、土日もなかなか休めませんね。

こんな時期は、特に自覚がなくても疲労が溜まっているはずです。「早めの休息」を実践する時でしょう。

ブログを始めて、約2ヶ月が経ちます。この間、無理を重ねては息切れすること数回、ようやく失敗から学びつつあります。

 

「早めの休息」を取るため、昨日(3/6月曜日)は「動きながら休む日」とし、意識的に活動量を減らしました。

  • いつもより睡眠時間を長くとった
  • 朝の勉強を軽めにした
  • 通勤時の電車の中では本を読まず、目を閉じて脳を休めた*1
  • 仕事を早く終わらせて帰宅した
  • 帰宅後も意識的に読書を避けた

ただし、2〜4月の「習慣化」事項である筋トレだけは、いつも通りのメニューに取り組みました。*2

 

また、先日オススメしていただいた「サウナ」に早速行ってきまして、*3

教わったとおり、「サウナ→水風呂→休憩」を3セット回してみました。

これはいい。身体中の毛細血管に血が巡るのがわかりました。全身がぽかぽかしてリラックスでき、すっかり気分が整いました。

今、「強いストレスを受けた後の行動パターン」を検討していますが、「まずサウナに行く」というのは有力な選択肢だなぁ、と感じました。*4

 

 

短期的に見ると、「ゆっくりしている時間を使えばもっといろいろできるのに」と思ってしまいますが、

長期的に見ると、疲れを感じる前に休んだ方がむしろ「効率的」なのでしょうね。

目先の成果を拾おうとするあまり、「疲労を溜めすぎてダウンした!」とあっては、かえって前進を遅らせてしまいますから。

とは言え、あまり効率効率と意識していると、かえって気が休まりません。休むときは思い切って何も考えず、ただのんびりした方がよさそうです。

 

 

〜禁欲メモ(3/5)〜

日数:56日・38日
本禁:19日

筋トレ
フライングドッグ:12回2セット
アブアイソメトリック:40秒2セット
ヒップリフト:12回2セット
所感:朝に実施。上げ下げそれぞれ5秒ずつかける。

 

〜禁欲メモ(3/6)〜

日数:57日・39日
本禁:20日

筋トレ
ハンズアップスクワット:左右各11回2セット
タッチトゥトゥズ:12回2セット
ニートゥチェスト:12回2セット
所感:朝に実施。ニートゥチェストで膝を胸に近づける際、最後の「ひと押し」をすると、途端に負荷が上がる。いずれの種目も地味な動きながら、10秒かけてやるとやはりきつい。最後の方は「ぐぎぎ」と声が出る。無理をして途中で放り出すより、無理せず継続した方がいいな。できる範囲でやろう。

 

*1:電車内で目を開けていると、次から次へと様々な情報が飛び込んできます。広告、風景、あるいは乗客の表情や仕草。これらを視界に入れているだけで、無意識のうちに疲れが溜まってくるような感じがするのです。

*2:気付けばもう1ヶ月以上、毎日筋トレを継続しています。体型は少しずつ変化しており、特にお腹周りが絞れてきました。あと2ヶ月でどこまで変わるか楽しみです。

*3:気分が沈む状況3パターンとその対策 - 新婚野郎のカムバック禁欲録←この記事のコメントで教わりました。ありがとうございます!

*4:「強いストレスを受けた後の行動パターン」を考えるようになった経緯は禁欲50日目の朝 - 新婚野郎のカムバック禁欲録にて。

はてなブックマークのコメント機能にようやく気付いた

日常 食事

 

これまでに「はてなブックマーク」でコメントをくださっていた方、ありがとうございます。

気付かずスルーしていて申し訳ありません汗

 

お酒、最近また飲むようになりました。

量はずいぶん減って、週に1回、缶を1本程度ですが。適量にとどめれば、ストレス解消にも効果があるようです。

しかし、お酒って不思議です。世界の各地に、必ずその土地のお酒がある。示し合わせたわけでもないでしょうに、なぜなのだろう……。

 

早いもので、もう年度末ですね。

皆さまお忙しく過ごされていることと思います。体調など崩されぬよう、ご自愛ください。

 

今日はこれにて!

 

 

〜禁欲メモ(3/4)〜

日数:55日・37日
本禁:18日

筋トレ
ハンズアップスクワット:左右各11回2セット
タッチトゥトゥズ:12回2セット
ニートゥチェスト:12回2セット
所感:朝は寝過ごしたので昼に実施。1回につき10秒(上げ下げ5秒ずつ)かけてやると、一気に負荷が上がりとてもきつい。でもこれくらいがいいのかな。