新婚野郎のカムバック禁欲録

新婚のアラサー男が、かつて取り組んでいたオナ禁に『再挑戦』しながら、収入アップに取り組んでいくブログです。

「原点思考」の振り返り(日数10・10)

(約1,500字)

 

オナ禁を再開して10日経ちました。

ここで一度、取り組みの根幹をなす「原点思考」を振り返り、さらに展開してみます。

原点思考(日数2・2) - 新婚野郎のカムバック禁欲録

 

最初に

ちと見づらいですがマインドマップ化してみました。

f:id:yukimaru513:20170118145437j:image

 

オナ禁をするのは、バイタリティを高めるため。

オナ禁をベースとするが、さらに、バイタリティを高める他の取り組みも並行して行おう。具体的には、

  • 食事の改善
  • 睡眠の改善
  • 筋トレ
  • ランニング
  • ストレス減

ただし、一度にたくさんの習慣を導入しようとすると、結局全てダメになってしまう。1つの習慣につき1ヶ月〜3ヶ月かけることを前提に、効果の高そうなものから順に導入していく。

今は、オナ禁習慣の定着期間であるから、他のものには手をつけないこととする。

ストレス減について補足。僕のストレスの大部分は「やるべきことをやっていない」という自己嫌悪に端を発する。

「やるべきこと」を可視化し、次々こなしていくために、有名な「GTD」というタスク管理法を12月から導入中である。

Getting Things Done - Wikipedia

ストレス減のためには、他にも様々な取り組みをしている。物事を認識する枠組みへのアプローチとして、

  • 『7つの習慣』で言う「影響の輪」と「関心の輪」
  • 論理療法で言う「ビリーフ」

これらの概念を思考過程に導入済みであるほか、行動面のアプローチとして、

  • 「アサーティブ」な自己表現

の導入を検討中である。

また、カーネギーの著作『道は開ける』は、不安を取り除くことを目的とした本で、ストレス減に即効性もあり、長期的な取り組みにも活用できる。折に触れて読み返したい。

 

②バイタリティを高めるのは、収入アップに取り組むため。

収入アップのための具体的なロードマップは、現在、ブログ記事に書き起こしながら検討中。

 

③収入アップに取り組むのは、お金の不安を減らすため。

お金の不安を減らすためには、収入を増やすだけでは不十分。月に100万円稼いでも、月に100万円使えば、残額はゼロ。

支出面にこそ信念を持たなければならない。

以前読んだ『投資家が「お金」より大切にしていること』は、重要なアドバイスをくれた。

モノやサービスにお金を払うというのは、それを生み出すために関わったたくさんの人に対して投資していることになる。

だから、全ての消費は投資である。

投資家のマインドを持って、日々の支出を検討するようにしたい。

が、これもいきなり実行しようとするのではなく、1つずつ習慣化していく。

 

④お金の不安を減らすのは、お金が原因で嫁とケンカすることを防ぐため。

夫婦ゲンカの原因は、お金のみにあらず。

というより、お金が原因のケンカも含め、すべての家庭不和の根っこには「コミュニケーション不全」の問題がある。

だから、収入を増やし夫婦円満を保つためだからといって、夫婦の会話時間を減らしてまで勉強することは、むしろ根本的なケンカの原因を増やすことになる。

規律正しく、毎日勉強することは大切だが、嫁が寂しそうにしていたらそちらを優先すること。

 

⑤お金が原因で嫁とケンカすることを防ぐのは、幸せな結婚生活のため。

ケンカ=「マイナス面」がなければ、とりあえず平穏だが、それだけでは幸せとは言えない。

「プラス面」=家族としての思い出を作っていかなければ。

そのためにこそ、時間とお金を使う。

 

まとめ

マインドマップを再掲します。

f:id:yukimaru513:20170118145437j:image

スマホ版のiMindMapで作成しました。今さらマインドマップを使い始めていますが、思考を視覚化できるのでいい感じです。

 

〜前日の食事〜

7時:十六穀米にチーズを乗せて野菜スープ(トマト、セロリ、ピーマン、玉ねぎ、キャベツ、ソーセージ)をかけたもの、ルイボスティー@自宅
12時:おせんべい@自宅
14時:かけそば@そば屋
19時:オムライス、オニオンスープ@自宅
所感:悪くない