読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新婚野郎のカムバック禁欲録

新婚のアラサー男が、かつて取り組んでいたオナ禁に『再挑戦』しながら、収入アップに取り組んでいくブログです。

昨日は荒れていた

 

ここしばらく、ストレスについて研究していました。

その結果、僕はストレスに強くなるはずでした。

しかし、「自分はなぜストレスに弱いのか?」を知れば知るほど、僕は、さらにストレスに弱くなっていきました。

 

この方法は間違っている。何か根本的におかしい。

どうしたものかと迷っていたところ、以下の一節を読みました。

私が病になりたてには、ちっとも神経が昂ぶらなかったのに、医学を研究してから、よりいっそう、弱くなったのである。つまり、知らなくてもいいことを知ってしまうからだ。

中村天風『運命を拓く 天風瞑想録』P.182

 

「ああ、やはりそうなのだな」と思うと同時に、突然悟りのように、以下のような考えが頭の中で構築されました。

  • 「ストレスに打ち勝つために第一に必要なのは、知識や方法ではなく、心の強さである」
  • 「心の強さとは、強くある、と内的に決意した状態である」
  • 「外的なメソッドは、心の強さを増幅することはできても、ゼロから生み出すことはない」

 

「悟り」の勢いのまま筆を走らせた結果、昨日は記事がたくさん出来上がりました。

自分を鼓舞するためでもあったので、言葉が随分荒っぽくなりましたが。

 

 

確かに、環境や習慣は「心の強さ」を変動させるでしょう。

しかし、現代日本に住む僕たちは、例えば「アウシュビッツ収容所」よりは明らかに恵まれた環境にいるはずです。

そんな中にあっても心の強さを失わなかった人物を、僕たちは知っています。

 

そんなに極端な例でなくても、過去の日本人より僕たちの生活は恵まれています。客観的に見れば、どう考えてもストレスは少ない。

にもかかわらず、第二次世界大戦当時、『きけわだつみのこえ』を書き残した特攻隊員の若者たちより、どう考えても僕の方が心が弱い。

現代人は人間関係で感情疲労している、などという説もありますが、これも疑わしい。

今『源氏物語』を読んでいますが、昔の人は昔の人なりに、人間関係で悩んでいたことに気がつきます。その悩みは、現代の僕たちが抱えているものとそれほど変わりがない。

 

客観的に見て、僕たちは過去の日本人よりも圧倒的に「心を強くしやすい」環境や習慣に囲まれているはず。

にもかかわらず心が弱いのだとしたら、それは、過去の彼らが持ち、今の僕らが持っていないものに原因がある。

「精神論・根性論」です。

少なくとも、今の僕にとっては、この古臭い信念が必要なようです。

 

その観点からこれまでの自分を振り返ってみると、外的な「習慣化」を重んじるあまり、自分の心の中の内的な「決意」と言うものに、さほど目を向けてこなかったことに気づきます。

しかし、本当に必要なのはこれだった。

強くある、という内的な決意。

 

もちろん、決意だけでは実現不可能な理想論に終始してしまう可能性が高い。だから、「習慣化」のような正しいメソッドは必要である。

それでも、全ての核となるのは、内心の決意。 

 

このように書いてみると、実に当たり前のことかもしれません。

でも、長いこと忘れていたのです。

二度と手放すまい。