新婚野郎のカムバック禁欲録

新婚のアラサー男が、かつて取り組んでいたオナ禁に『再挑戦』しながら、収入アップに取り組んでいくブログです。

「今すぐ完璧になりたい気持ち」を論破する

 

能力を高めたいのは、何のためか。

見栄やプライドのためであれば、勝手にすればいい。

ただそうすべきだと思うからから、というのであれば、ただそうすればいい。

 

しかし、「外からの要請」に応じるためであれば、そうはいかないかもしれない。

理想の自分と、今の自分とを比較して、焦っているのだろう。

確かに、

今のお前には能力がなく、必要とされる理想の能力との間には絶望的な差がある。

しかし、絶望したからといって能力は手に入らない。

できるのは唯一、目の前の学ぶべきことに真剣に取り組むことだけ。

焦って、気もそぞろにタスクをこなすことだけ、課題を終わらせることだけに集中すると、まったくもって「学び」にならず、脳には何も定着しない。結局は時間を無駄にする。

学ぶ対象との真剣な対決をしてこそ、成長はなされる。そのためには集中が必要だ。

迷いは集中を阻害する。

 

いっそ、諦めてしまっていい。「望んでいる完全なものにはなれない」と。しかし、同時に「完全」を目指す。

この矛盾を抱えて学び続ける。

どの道、「今この時の学びに集中する」ということを繰り返していく以外、方法はないのだから。

一足跳びに理想の自分になる方法など、あろうはずがない。

それなら、思い悩むのは完全な時間の無駄であり、無駄ならば即刻やめればいい。

そして、ただ1つのやるべきことに立ち戻れ。

 

有用な者たらんとすればこそ、かえって外なる声に惑わされず、「犀の角ようにただ独り歩め」。