新婚野郎のカムバック禁欲録

新婚のアラサー男が、かつて取り組んでいたオナ禁に『再挑戦』しながら、収入アップに取り組んでいくブログです。

リスタート7日目

 

1.オナ禁に関して

先日、約200日継続したオナ禁をリセットしました。

その後、再スタートから1週間が過ぎましたが、特に書くことがありません。

リセットしても特にダメージらしいダメージがなかったようなのです。

  • 体調
  • 気分
  • 抜け毛
  • 肌の調子
  • 顔つき

その他諸々含め、いずれも目立った変化はありませんでした。もし連続リセットしていたら、状況は違ったかもしれませんね。

何か気がついたら、また書き記していきますね。

 

2.仕事に関して

鋭意勉強中ですが、「圧倒的な基礎知識不足」という現実に直面しています。

高校の勉強をもっとしっかりやっておけばよかったなぁと痛感しております。

 

以前は、会社内でうまく立ち回る作戦を練ったりしたものですが、『7つの習慣』でいう「個性主義」のアプローチに陥っていたことに気がつき(同書をご存知ない方はごめんなさい)、

まずは自分自身の地力をつけることに集中する方針に改めました。

「実力があるだけじゃ組織では上に行けない」というのも事実かもしれませんが、それは実力をつけてから考えればいいことです。

 

3.家庭に関して

先日、初めて嫁とケンカをしました。

そのとき僕は、声を荒げただけでなく、物に当たるなどしてしまい、彼女の信頼を損ねてしまいました。

途中で「これではいけない」と気がつき、ひとまず相手と物理的に距離をとって、気持ちを落ち着けました。

その後で「まずは理解に徹する」ところからコミュニケーションを再構築しました。「共感による傾聴」を心がけ、ゆっくり彼女の言い分を聞きました。

何度か「あなたが悪い」と言われ、その度についムカッときましたが、そんな時もまずは「彼女はそう思っているのだ」という事実だけを冷静に受け止めました。

 

そうやって話を聞いていると、次第に相手も落ち着いて、こちらの言い分を聞きたがってきます。それから初めて、自分の考えや感情を、冷静に論理的に伝えていきました。

少々時間はかかりましたが、無事に仲直りすることができました。

 

ケンカの内容について詳しくは書きませんが、僕が自分の言いたいことを言わずにいたために、お互いの認識がずれていたのが原因でした。

僕の場合、近い関係の相手だからこそ、悪く思われたくなくて我慢してしまう、ということがよくあります。

『7つの習慣』でいう「Lose-Win」の構図ですね。

「まずは理解に徹する」「共感による傾聴」なども『7つの習慣』の考え方です。

家庭生活を送る上で、『7つの習慣』のアドバイスは非常に参考になっています。

 

4.ブログに関して

仕事や勉強、家庭のために使う時間が増え、ブログに使う時間の優先度が相対的に下がっています。

結婚に関するブログも作ったものの、3つ記事を書いたところでストップしています。

 

皆さまのブログは、時間のある時にまとめて読ませていただいています。

いつも楽しい・興味深い記事をありがとうございます。

 

 

仕事の合間に時間ができたので、軽く近況報告でした。

またひと仕事してきます。